【食べすぎた次の日】体重を増やさない脂肪をつけないためにすべき行動とNG行動

この時期 忘年会などのイベントがあると、つい食べ過ぎてしまう日ってありますよね。

その翌日には、自分の軽率な行動による悲壮感が漂うかもしれません。

しかし、翌日にきちんとしたリセット方法を実践することで、健康を維持し、不摂生を改めることができるのです。

もちろん、食べ過ぎを正当化することはできませんが、ここでは食べ過ぎの翌日に対処し、少しでも余分な脂肪を蓄積させないためのガイドラインを紹介する。

 

すぐに脂肪はつかない!リセットに最適な期間

食べ過ぎたものが脂肪になるまでの期間は、およそ1~2日と言われています。

肥満を防ぐには、その期間が過ぎないうちに食べ過ぎたものを消化する必要があります。

食べ過ぎによる体重の大幅な増加を防ぐには、翌日の行動が重要なのです。

 

意識して水(白湯)をたくさん飲む

食べ過ぎの翌日は、水分補給をして体循環を整えることが大切です。

塩分の多い食事でナトリウムを多く摂取しているため、体内の塩分濃度を下げるために水分を多く摂取する必要があります。

水を定期的に飲むことは、毒素を洗い流し、循環器系を動かすのに役立ちますので、十分な量を飲むように心がけましょう。

消化のためには、温かい水やぬるま湯がさらに効果的です。

喉が渇いた時に飲むのではなく、1日に1.5リットル程度を目安にたっぷりと飲むようにしましょう。

 

食間を一定にする

胃腸の調子を整えるには、食事のタイミングを一定にすることが重要です。

一般的に、血糖値の急激な上昇を防ぐために、食事と食事の間は4時間程度空けるのが理想的です。

どうしても食事と食事の間が空いてしまう場合は、間食にヘルシーなものを選ぶとよいでしょう。

 

胃にやさしい食事にする

食事は消化の良い軽めのものを心がけるのが良いとされています。

無理な食事は、糖分、塩分、脂肪分の過剰摂取につながります。

そこで、発酵食品や野菜、果物など、体に必要なミネラルを補給できる食材を積極的に取り入れましょう。

植物性食品には食物繊維やカリウムが豊富に含まれており、血液中の毒素や不要なものを体外に排出する働きがあります。

納豆や味噌汁などの発酵食品は、手軽においしく栄養を摂取することができる優れた方法です。

 

ウォーキングなどの軽い運動をする

ウォーキングなど軽い運動は欠かせません。

運動は代謝率を上げ、消化を良くします。

エスカレーターを使わず、階段を使うなど、簡単なことでよいのです。

また、家事をすることでも、運動不足解消になります。

 

しっかりと睡眠をとる

夜 10 時までには就寝することを心がけましょう。

筋肉の修復、脂肪の分解、美肌など、発達ホルモンの分泌には、質の高い休息とリラックスが欠かせません。

そのためには、照明やアロマなど、落ち着いた雰囲気を演出することが大切です。

 

翌日の断食は絶対NG!!

食べ過ぎた翌日に食事を控えることをする人もいるかもしれませんが、このようなやり方は良くはありません。

何も食べないことで、食事と食事の間隔が広がり、血糖値が極端に上昇するため、それを抑えるためにインスリンが分泌されるのです。(脂肪がついていきます。)

また、食習慣の急激な中断は、代謝を著しく低下させてしまいます。

したがって、脂肪を燃焼する体能力に悪影響を与える可能性があります。

 

まとめ

今回は、食べ過ぎた次の日に、体重を増やさないように体を休めるための方法を紹介しました。

食べ過ぎた次の日はつい断食をしたり、食事を1回だけにしたりしやすいですが、食事の間隔があいてしまうと体にとっては逆効果です。

脂肪をしっかり燃焼させて余分なものを排出できるよう、翌朝しっかりリセットしていきましょう!

 

【PR】DMK(ケイ素サプリメント)で脂肪をつきにくく

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)は、乳化作用によって脂肪がカラダにつくのを予防してくれます。

水溶性ケイ素なので水やお酒に2〜3滴いれるだけで必要量を摂取できます。

これからの忘年会シーズン・外食のお供にぜひ持っていってください!

 

ニュース

産後のバストのたるみ・下垂の原因・正しいバストケア方法について

2023.2.2 ブログ

NMNサプリメントに副作用や危険性はある?

2023.1.25 ブログ

運動してもお腹が冷える!ウエストの脂肪が落ちにくい理由とは?

2023.1.25 ブログ

回復食とは?ファスティングの成功を左右する鍵

2023.1.16 ブログ

かかとの角質がガサガサする原因と対策をチェック

2023.1.13 ブログ

カテゴリー
アーカイブ