大人になっても胸を大きくすることは可能?

大人になっても、女性のバストは大きくなる可能性があります。

これは、妊娠、ホルモンの変化、体重増加、さらに成人女性が特定の薬を服用した場合など、さまざまな理由で起こる可能性があります。

多くの女性がより大きなバストを望むかもしれませんが、これらの変化はいくつかのリスクを伴う可能性があることを心に留めておくことが重要です。

 

妊娠

妊娠すると、エストロゲンというホルモンの量が増えるため、胸が大きくなる可能性があります。エストロゲンには、バストを大きくする働きと、バストへの血液供給を増やす働きがあります。

ただし、子供を産むとエストロゲンの分泌量が減り、バストが小さくなることがよくあります。

 

体重変化

簡単にいえば「太る」ことも、バストサイズを大きくする原因になります。

体重が大幅に増加した場合、バストは結果として肥大化することがあります。

とはいえ、太ることは望ましくないでしょう。

 

薬の副作用

最後に、特定の薬物も女性の胸を大きくする原因となることがあります。

特定の抗うつ薬や抗不安薬、特に選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、ホルモン分泌に影響を与えるため、バストを大きくする原因となることがあります。

ただし、この副作用は通常一時的なもので、バストが大きくなることはありません。

 

マッサージ

専門のバストアップサロンでは、リンパ・乳腺マッサージを行うことでバストアップを行います。

サプリメントやバストクリームも取り扱っているので、さまざまな方法でバストアップを目指せます。

お店選びに迷ったら、優良認定サロンがおすすめです。

 

ニュース

産後のバストのたるみ・下垂の原因・正しいバストケア方法について

2023.2.2 ブログ

NMNサプリメントに副作用や危険性はある?

2023.1.25 ブログ

運動してもお腹が冷える!ウエストの脂肪が落ちにくい理由とは?

2023.1.25 ブログ

回復食とは?ファスティングの成功を左右する鍵

2023.1.16 ブログ

かかとの角質がガサガサする原因と対策をチェック

2023.1.13 ブログ

カテゴリー
アーカイブ