バストは何歳から垂れる?効果的なバストケア習慣と筋トレ

バストが垂れ始める年齢とその原因、そして垂れにくくするためのバストケア習慣を紹介します。

多くの女性は年齢とともにバストの結合組織が崩れはじめ、自然に垂れてくるようになります。

まずは バストが垂れ始める時期と、それを防ぐためにできることを知ることが大切です。

 

バストは何歳で垂れ始めるのでしょうか?

バストが垂るのは自然な老化現象であると考えられています。

始まる年齢は人によって異なりますが「急に起こるもの」ではなく「徐々に起こり」気づいた垂れていることを実感します。

一般的に30代に近づくにつれ垂れ始め、40代以降になると この垂れ下がりはより顕著になることがあります。

 

なぜバストは垂れるのか?加齢によるバストの下垂の原因

バストが垂れる原因は数多くありますが、最も多いのは加齢、妊娠、体重の増加です。

 

年齢:女性が年を取ると、バストの結合組織が年齢とともに弱くなり、弾力性がなくなるため、バストが自然に垂れてくる傾向があります。

 

妊娠:妊娠すると、バストが大きくなるため、皮膚が伸びたり裂けたりすることがあります。この裂け目や伸びにより、バストは丸みを失い、バストの重みが増すにつれて垂れ下がってくることがあります。

 

体重の増加:体重が増加すると、バストのサイズが大きくなり、皮膚が伸びて、バストが垂れ下がることがあります。

 

バストの下垂を防ぐには!?日常生活に取り入れたい習慣

加齢によるバストの下垂を防ぐために、いくつかできる対策があります。

大切なのは、できるだけ早い時期からバストケアを始め、継続的に「予防するための習慣」を積み重ねることで、若いころのバスト状態をキープすることができます。

 

①運動

運動するときには、質の良い「スポーツブラ」に投資しましょう。バストの跳ね返りによる結合組織への影響を軽減し、下垂を抑えることができます。

 

②食事

食事とライフスタイル。健康的な食事と体重を維持することで、余分な体重によるバストへの負担を減らし、結合組織の刺激と弾力性を維持することができます。

 

③体重増加

姿勢猫背は胸の筋肉を衰えさせ、バストを垂らす原因になります。背筋を伸ばして座り、体幹と背中の筋肉を活性化させるようにしましょう。

 

DMKで女性ホルモン量を維持

女性ホルモンを維持することはバストの老化予防にも有効です。

株式会社ワムのDMKスティックは、ケイ素と一緒にプラセンタを補給できるサプリメントです。

吸収率の良い「ゼリータイプ」でありながらも、美味しくて続けやすいのが特徴です。

ぜひお試しください。

 

ニュース

産後のバストのたるみ・下垂の原因・正しいバストケア方法について

2023.2.2 ブログ

NMNサプリメントに副作用や危険性はある?

2023.1.25 ブログ

運動してもお腹が冷える!ウエストの脂肪が落ちにくい理由とは?

2023.1.25 ブログ

回復食とは?ファスティングの成功を左右する鍵

2023.1.16 ブログ

かかとの角質がガサガサする原因と対策をチェック

2023.1.13 ブログ

カテゴリー
アーカイブ