【おすすめ部位はここ!】ハイパーナイフでお腹を温める良いこと尽くし

ハイパーナイフの施術部位に迷ったら、まずは『お腹』をおすすめしています。

高周波の温めとマッサージは、腸内温度の上昇にも効果があります。

くびれ作りなどの痩身効果以外にも、お腹を温めることにはたくさんのメリットがあります。

 

善玉菌が活発になる腸内温度

人の腸の中は、常に36~37度くらいに保たれています。 これは多くの酵素が活性し 腸内細菌が元気に生育できる温度です。

ご存知の方は多いかと思いますが、我々の体温は年々低くなっているという調査結果があります。低体温化が進んだ現代人は、慢性的な腸冷えに陥っているとも言われています。

しかしながら人間の低体温が進んでも、体内細菌や酵素の活性温度は変わりません。

そのため腸内環境は年々悪くなっており「便秘」「肌荒れ」「免疫低下」に悩む人はどんどん増えているのです。

 

体温「1度上昇」の恩恵

体温が1度上がると代謝が12%、免疫力が30%アップすると言われています。

代謝が上がれば美肌効果や脂肪燃焼効率が良くなります。

免疫力が上がると風邪をひきにくくなったり、花粉症などのアレルギーを起こしにくくなります。

特に「腸」の善玉菌がこの免疫機能のうちの70%を担っています。

お腹から温めることは、美容にも健康にも良いこと尽くしなんです。

 

もしハイパーナイフを初めて受ける・あるいは施術部位で悩んでいましたら、まずは「お腹」から試して様々な体調の変化を実感してみて欲しいです。