ハイパーナイフはぎっくり腰にも効くの?

ぎっくり腰は正式には「急性腰痛症」と言います。

腰痛の一種で、重いものを持ち上げた拍子などに 急に痛みがあらわれます。

慢性の腰痛は筋肉の硬直をほぐすために”温めた方が良い”と言われます。

ハイパーナイフも腰痛緩和のための温熱施術として人気があります。

では「急性」である”ぎっくり腰”の場合はどうでしょうか?

 

ハイパーナイフは3日後から

炎症物質は冷やすと収まりますが、温めると逆に広がってしまうという特徴があります。 つまり、カラダを温めるハイパーナイフはぎっくり腰の初期段階ではNGです。

2~3日すると炎症が落ち着いてきます。

 

また、ぎっくり腰は3日以上の安静は逆効果と言われます。普段どおりに動いた人に比べて経過が悪くなることが明らかになっています。

軽負荷でも運動を取り入れ、少しでも筋肉を動かしていかなければいけません。

 

2〜3日したら「温めて」血流を良くしていくことは 残った痛みを緩和、回復も早めてくれます。

よってハイパーナイフはぎっくり腰の発生3日後くらいから受けると効果があります。

 

整骨院で受けられる

ハイパーナイフは整骨院でも受けられます。

▶︎導入をお考えの方はこちら

 

肩こりや腰痛のサポートに活用されています。

専門知識をもった先生から施術を受けられるので、ぎっくり腰のケアにおすすめです。

ちなみに骨盤矯正などと組み合わせたダイエットもあります。

 

優良認定店での施術を推奨しています

ハイパーナイフを治癒サポートに活用するのであれば、優良認定店を推奨しています。

弊社の研修を受けていて、一定水準以上の技術を有するお店を制定しています。

こちらのサイト内でも検索・予約が可能です。

ぜひお店選びの参考にしてください。

▶︎検索ページトップ