ハイパーナイフでカット出し【おすすめのタイミングは?】

ボディビルダーやフィジークの間でもハイパーナイフの施術が人気を集めています。

じつは筋肉をキレイに魅せるためには「浮腫み・脂肪を落とさなければならない」のです。

そしてその筋肉をキレイに見せるためのケアとしてハイパーナイフが使われています。

 

ハイパーナイフでカット出し

ハイパーナイフは高周波により、浮腫みを温めもみほぐし、体外への排出をより促します。

減量末期の絞り切った状態で行うと、自身では取り切れなかった最後の浮腫みや脂肪を取り除く効果が期待できます。

浮腫みが取り除かれることで、筋線維が表面上に浮き上がり、筋肉のカットが際立ち、ステージ映えする体を手に入れることができます。→これを「カット出し」と呼んでいます。

 

カット出しのタイミングは?

ハイパーナイフでのカット出し効果をより実感できるタイミングは、施術直後ではなく、ハイパーナイフで乳化した老廃物が2~3日かけて体外へ排出された後のため、施術を受けるタイミングは、大会またはイベントの2~3日前がおすすめです。

しかも、ハイパーナイフは電極板を使わないバイポーラ方式なので、狙った部分だけに施術ができます。仕上げのボディメイクとして相性の良い施術なんです!

 

メンズ対応のハイパーナイフ導入店では、大会・イベント前のカット出しに対応しているお店もあります。

ぜひ本サイトもお店探しの参考にしてみてください。

 

ハイパーナイフ導入サロン紹介サイト|株式会社ワム公式認定