ハイパーウェーブは筋肉痛になる?予防はできる?

ハイパウェーブで筋肉痛になることはあります。

特に 初めてハイパーウェーブを受ける人の多くは、次の日には「筋肉痛」に見舞われることがあります。

ハイパーウェーブはEMSによって深層筋(インナーマッスル)を鍛える サロン用トレーニングマシンです。

このインナーマッスルは通常の筋トレでは鍛えにくい部位の筋肉なので、筋肉痛を起こしやすいのです。

逆に日頃からインナーマッスルまで鍛えられている人は軽減されます。

 

インナーマッスルはどうやってわかる?

インナーマッスルが鍛えられれるかどうかは、電車の中でわかります。

”姿勢維持筋”とも呼ばれており、例えば「電車の揺れでグラついてしまう」のであれば、インナーマッスルがあまり鍛えられていないとわかります。

ちなみにインナーマッスルが衰えると、代謝低下だけでなく 姿勢悪化の原因にもなります。

ハイパーウェーブはおすすすめです!

 

予防はできる?

筋肉痛の予防にはストレッチが有用です。前日などの軽くストレッチをしておくだけでも違います。

筋肉をほぐして柔らかくしておくと、繊維が断裂しにくくなるので筋肉痛も起こしにくくなります。

サロンではハイパーウェーブを受ける前に、その部位をハイパーナイフなどで温めておくメニューもあります。高周波で筋肉が柔らかくなるので、対策にもなります。

 

本サイトでも ハイパーナイフ・ハイパーウェーブ それぞれの導入店が検索できます。

ぜひお店探しの参考にしてください。

▶︎優良認定店 検索サイト|株式会社ワム公式認定