産後のバストのたるみ・下垂の原因・正しいバストケア方法について

産後のバストのたるみや下垂は、出産後の多くの女性にとって共通の問題です。

より若々しいバストの形に戻す方法を日々模索する女性も少なくありません。

今回は、産後のバストのたるみや下垂の原因を探り、予防するためのヒントをご紹介します。

 

原因その1:妊娠

妊娠は、産後のバストのたるみや下垂の1番の原因であると言っても過言ではありません。

妊娠中は、母乳を出すための準備として、体内でホルモンが分泌され、乳房が肥大化します。大きくなったバストの重みが支持組織に負担をかけ、バストのたるみや下垂の原因となるのです。

さらに、授乳中は母乳の量が増えるため、バストはさらに肥大化する可能性があります。そのため、弾力性が低下し、たるみや下垂の原因となることがあります。

 

原因その2:遺伝

産後の乳房のたるみや下垂には、遺伝も関係してきます。

遺伝は、バストの支持組織や弾性組織の量に影響を与える可能性があり、産後にバストが垂れやすくなったり、下垂しやすくなったりすることがあります。

 

原因その3:ホルモンの変化

産後に起こるホルモンバランスの変化も、産後の乳房のたるみや下垂の原因になります。ホルモンバランスが妊娠前のレベルに戻り始めると、体が調整され、バストは妊娠前の形や大きさに戻っていきます。

そのため、バストを支える弾力性のある組織が減少することが多く、バストが垂れたり、下垂したりすることがあります。

 

バストアップについて

産後のバストのたるみや下垂が気になる場合、見た目から改善していく方法があります。豊胸手術やバストリフトなどのバストアップは、バストを妊娠前の形や大きさに戻すのに効果的です。

さらにバストアップは、支える組織や弾力性のある組織を改善し、将来のたるみや下垂の予防に役立ちます。

【関連記事】大人になっても胸を大きくすることは可能?

 

方法1:栄養バランスのとれた食事をする

産後のバストのたるみや下垂を改善・予防するもう一つの方法は、栄養バランスの取れた食事をすることです。果物や野菜、全粒粉を多く含む食事をすることで、バストの支持組織や弾性組織を改善することができます。

また、バランスのよい食事は体重の増加を抑え、将来のたるみや下垂の予防に役立ちます。

 

方法2:正しいサイズのブラジャーを着用する

最後に、正しいサイズのブラジャーを着用することは、産後のバストのたるみや下垂を予防するのに役立ちます。

サイズが合っていないブラジャーは、バストが必要以上に垂れたり、下垂したりする原因となり、さらに垂れや下垂を助長してしまう可能性があります。

正しいサイズのブラジャーを着用することで、支持組織への負担を軽減し、下垂やたるみの予防につながります。

 

まとめ

産後のバストのたるみや下垂は、出産後の多くの女性に共通する問題です。

遺伝からホルモンの変化まで、さまざまな原因があります。しかし、正しく向き合っていくことで予防する方法はあります。

栄養バランスの取れた食事、正しいサイズのブラジャーの着用など今日から出来ることをはじめていきましょう。

 

DMKで女性ホルモン量を維持

女性ホルモンを維持することはバストの老化予防にも有効です。

株式会社ワムのDMKスティックは、ケイ素と一緒にプラセンタを補給できるサプリメントです。

吸収率の良い「ゼリータイプ」でありながらも、美味しくて続けやすいのが特徴です。

ぜひお試しください。

 

ニュース

30代・40代・50代…年齢別で見るDMKスティックの効果とおすすめポイント

2024.2.17 未分類

最上位機種ハイパーナイフEXで期待できる効果とは?

2024.2.9 未分類

最上位機種ハイパーナイフEXの施術時間はどのくらい?

2024.2.9 未分類

最上位機種ハイパーナイフEXで見違えるような変化を体験できる?

2024.2.9 未分類

最上位機種ハイパーナイフEXどのくらいの頻度で通えばいい?

2024.2.9 未分類

カテゴリー
アーカイブ