運動してもお腹が冷える!ウエストの脂肪が落ちにくい理由とは?

お腹が冷えると脂肪がつきやすくなる

お腹が冷えると、腸の働きが悪くなり カラダの代謝が悪くなっていきます。

その結果、脂肪が蓄積されやすくなり 腰まわりが太くなることがあります。

この影響は特に女性に顕著で、お尻やお腹に脂肪が蓄積されやすくなります。

 

女性はもともとウエストまわりに皮下脂肪がつきやすい

女性の場合、ヒップやウエスト部分に分布する脂肪は、単なる体脂肪ではなく『皮下脂肪』でもあります。

このタイプの脂肪は、皮膚の真下にあるため 非常に目立ちます。

さらに、女性の体には皮下脂肪がつきやすい体質があり、腰まわりの脂肪を落とすことは非常に困難です。

 

お腹の冷えを解消する方法

お腹の冷えを解消するには、適度な運動と栄養を体に取り入れることが大切です。

健康的でバランスの良い食事と定期的な運動をすることで、お腹やお尻に蓄積された脂肪を減らすことができます。

 

ビタミンCを多く含むショウガやニンニクなどを食べると、内臓に冷えが定着するのを抑えることができます。

また、水分を多く取り、アルコールを控えることも、冷えを防ぐのに有効です。

 

まとめ

ウエストの脂肪を落とすことは、なかなか難しく大変なことです。

「正しい食事」「定期的な運動、そして内臓からの冷えを撃退するための栄養を理解することで、望ましい結果を得ることができます。

 

ハイパーナイフなどの痩身エステもおすすめです。

高周波による「深部加温」によって体内から温めることができます。

お腹についてしまった皮下脂肪もピンポイントに落とすこともできるの、ウエストのサイズダウンに有効です。

▶︎ハイパーナイフ優良認定店|検索サイト

 

ニュース

産後のバストのたるみ・下垂の原因・正しいバストケア方法について

2023.2.2 ブログ

NMNサプリメントに副作用や危険性はある?

2023.1.25 ブログ

運動してもお腹が冷える!ウエストの脂肪が落ちにくい理由とは?

2023.1.25 ブログ

回復食とは?ファスティングの成功を左右する鍵

2023.1.16 ブログ

かかとの角質がガサガサする原因と対策をチェック

2023.1.13 ブログ

カテゴリー
アーカイブ